What’s New

オオカミの声が聞こえる

 縁あって加藤多一さんの新刊 「オオカミの声が聞こえる」に 秋野亥左牟の絵本『神々の母に捧げる詩』より「空の星ぼし」の絵が表紙になりました。

アイヌの女性マウコとエゾオオカミのお話。ぜひ、読んでみてください。

『オオカミの声が聞こえる』  加藤 多一 著    秋野亥左牟 装画  地湧社

Ookamino koega kikoeru ( I can hear the wolf crying)  Author  Taichi Kato,   Illustration Isamu Akino

写真

本 書は、アイヌの女性マウコが主人公の物語です。北の地を離れ都会で暮らしていたマ ウコは、あるとき、もういちどアイヌとしての生き方を見直そうと北海道に戻ります。図書館や博物館を巡っているうちに、100年以上も前に絶滅したといわ れるエゾオオカミの剥製と出会い、メッセージを受け取ります。マウコはエゾオオカミの声をたよりに、不思議な世界へ導かれていきます。 (http://jiyusha.blogspot.jp/2014/01/blog-post_8076.html より)

This is a story of Mauko, she is a descendant of Ainu. She was living in a big city away from the north land but one day, she decide to go back to Hokkaido to see and experience the life of Ainu. There, she meet a stuffed Ezo wolf and received a message. The cry of the wolf lead her to a mysterious world.

2014.2.11

 

 

 

 

  •  2013年5月  『神々の母に捧げる詩』が産経新聞の産経児童出版文化賞、美術賞を受賞。

 

  • 神々の母に捧げる詩 金関寿夫・訳 福音館書店・刊
    2012年11月23 日発行 48ページ 31 cm ×21cm 1600円

Books

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *